歯列矯正のマウスピース矯正について1

美容こすめ💄✨




こんばんわ。ほしくうです。

最近は歯並びを気にする日本人が増えているようです。

私も歯並びが気になり矯正をしております。マウスピース矯正中です。

2021年9月頃から矯正STARTおります。金額はおおよそ30万円でした。

最初はマウスピースを装着すると口内に違和感があり会話しにくさもありましたが、慣れると大丈夫です。普通に会話可能です。

歯ならびが悪いのは、歯のはえるスペースが足りないことが原因。

顎が小さい日本人が多いので歯列が悪い方が多いです。

抜歯か歯の並んでいるアーチを拡大する事が大切になります。

歯列矯正が気になり矯正前に調べた内容を投稿したいと思います。

歯列矯正の治療法

★歯列矯正の種類★

ワイヤー矯正:表側矯正・裏側矯正

裏側矯正。舌側に矯正器具ブラケットを使用します。

表側矯正。歯の外側に(唇・頬の側)に矯正器具ブラケットを使用します。

最近は、クリアブランケットといった表側矯正でも目立ちにくい矯正器具もあるようです。ただし、壊れやすいというデメリットがあり。

デメリット▶ワイヤーをつけたまま歯磨きが必要で、磨き残しが多く、虫歯の原因になる場合もあるようです。痛みが生じやすい。表側矯正は目立つ。

マウスピース矯正

マウスピース矯正。自分の歯型を型取り、作成して頂き、装着する。

マウスピースに枚数があり、7日~14日ごとに新しいマウスピースに交換が必要です。

数ミリ違うマウスピースに交換し少しずつ歯を動かし歯列を整えていきます。

歯並びによって支給されるマウスピースの枚数が違います。

透明で薄く、目立ちにくい。

マウスピース矯正はマウスピースの取り外しが可能性な為、隅々まで歯磨きができます。

デメリット▶自由に取り外しができる為、装着時間が守れない。装着時間の目安は、1日20時間以上です。装着時間を守らないと思うように歯が動かず、治療期間が長くなります。飲食時はマウスピースの取り外しが必要。また、マウスピース装着中の飲み物は水しか飲めないです。

★歯列矯正の金額★

表側矯正(全顎)▶70万円~120万円くらい クリアブラケットだとちょっと高い。

裏側矯正(全顎)▶90万円~150万円くらい 裏側矯正は矯正で一番高い。

マウスピース矯正(全顎)▶70万円~100万円くらい インビザラインという種類。

→私は因みにマウスピースのインビザラインgoというもので矯正中です。マウスピースの部分矯正版みたいな感じです。▶30万円~50万円くらい

最近はキレイラインという歯列のみを改善するマウスピース矯正もあります。

▶20万円~40万円くらい

歯並びをきれいにすることだけが目的なため、嚙み合わせに異常発生する場合があるようです。

・治療方法によって費用がちがう

・同じ矯正治療でも、歯科医院によって値段がちがう、診断にも良し悪しあり。

矯正は保険がきかないので高い金額になります。

日本も米国同様に矯正でも保険適用にして欲しいですよね。

★矯正期間★

表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正ともに

歯並びの状況もありますが、おおよそ1~3年ほどになります。

軽度な場合は部分(前歯)矯正をすることも可能で、その場合は半年~1年ほどになるようです。

上記の期間終了後も今度は歯列が戻らないようにリテーナー(保定装置)で歯や噛み合わせを維持させる期間もあります。矯正期間と大体同様の装着期間となり1年~3年のようです。装着は1日中ではなく、就寝前に必要なようです。歯列の後戻り防止で装着が必要になります。

リテーナー終了後にやっと全ての矯正が終了になります。

歯磨きをしっかりすると、歯の動きがよくなるようで、矯正期間も少し短くなるようです。

矯正金額も高く、期間も長いので挫けそうになりますが、矯正終了後の歯列に感動すると思います。

歯列矯正後はほかにホワイトニングも行って歯を白くピカピカにしたいです✨

根気よく今後もマウスピース矯正頑張りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました